広島外科医会HOME
会長の挨拶
幹事の紹介
活動計画
過去の講演会
コラム
リンク
 
夜間救急診療所への出務について
広島市外科医会会員の皆様へのお知らせ
平成19年9月26日の中国新聞に記事が載りましたように、広島市は中区千田町の健康づくりセンターに夜間救急診療所を設立する計画のあることを発表しました。広島市医師会がその運営に協力することも記載されていました。その内容は7月31日に広島市医師会長 平松 恵一から医師会員に夜間救急診療の理解と協力の要請を主旨とした通達文が発送されております。(広島市外科医会のホームページhttp://h-gekaikai.jp/のコラムに掲載)
広島市の救急医療は崩壊の危機に直面しており、舟入病院での1次救急が廃止されて以後は、2次輪番制病院ならびにER型救急を開始した広島市民病院での夜間帯に多くの軽症患者が受診して、病院機能が麻痺する事態となっております。そうした救急医療の現状を解決する1つの手段として、軽症患者を定点の夜間救急診療所で診察して、必要なら2次、3次の病院へ紹介するというトリアージが必要です。そうした初期診療とトリアージには救急医療に長年従事され、知識と経験のある外科医がもっとも適任と考えております。
是非、皆様のご理解とご協力をお願いしたします。
下記に夜間救急診療に外科医も出務して頂きたい理由を述べてみます。
診療科目は 内科系の初期救急を扱う
交通事故などの外傷は扱いません ただし、診療所に受診した患者が外科系疾患(やけど・切傷・異物)もありえますから、そのためにも外科医が必要です。
救急車の搬入は受け付けない
ただし、医師会員からの紹介など依頼があれば、例外として受け付けます
内科医会だけに負担を負わせない
診療すれば当然の報酬はあります
報酬は現在、舟入病院へ出務されている(土曜・日曜日)準夜帯での小児科医と同等とする。ただし、経営状態によっては増額もありえます。
厚生労働省が計画している、総合診療医の認定にも有利になるかもしれない。

2007.10.30

 
2017.05.27
広島カープ観戦 平成29年9月16日(土曜日)
2017.05.27
サンフレッチェ観戦 平成28年10月1日(土曜日)
2017.05.27
広島カープ観戦 平成28年5月1日(日曜日)
2016.03.10
カープ観戦
2016.03.10
新しい広島市外科医会会則
2016.03.10
第17回総会にて広島市外科医会会則変更が承認さる。
2016.03.10
山東先生からの手紙
2016.03.10
砂川先生からの手紙
2016.03.10
土砂災害により被災され亡くなられた方々へお悔みを申し上げます
2014.03.27
川堀会長のご尊父がご逝去されました。
2014.03.27
第71回広島市外科医会講演会
2013.05.12
広島市外科医会の松村誠先生を宜しくお願いしたします。
2011.04.01
東北地方大震災
2009.10.19
広島市医師会千田町夜間急病センター開設半年をむかえて
2009.03.24
広島市医師会千田町夜間急病センターの開所
2008.10.28
平成20年9月16日 夜間急病センター説明会 要旨
2008.04.03
夜間救急診療所への出務呼びかけ
2007.10.30
夜間救急診療所への出務について
2007.08.02
広島市医師会運営の夜間救急診療所
2007.05.01
休診の対応に関するアンケート調査

1 | 2